Windows Defenderのスキャンが始まるとHDD・SSD・CPUそれぞれに負荷がかかり、かなり重くなってしまうことがあります。特に低スペックの格安PCでは致命的なほど重くなるケースがあります。 今回は、Windows10のWindows Defenderを無効化する方法について紹介します。 Windows Defenderは、Windows10にインストールしてあるセキュリティ プログラム です。常時ウイルススキャンしていることもあり、そのまま動かしているとPC動作が重くなることがあります。ほかにセキュリティソフトを導入している場合、Windows Defenderは不要ですので無効化しておくことをオス … Windows DefenderとはWindows 10にプリインストールされているセキュリティプログラムです。これが常時パソコンをウイルススキャンしておりかなりパソコンの動作に影響を与えています。 Windows向けの他のセキュリティソフトをインストールしている場合、同種のプログラムが重複してい … しかしWindows Defenderを開きリアルタイム保護を無効にしても、時間が経つと勝手に有効に切り替わる設定になっています。 「WindowsのPCが重いからWindows Defenderの無効化をしたい」という方は、こちらの記事で紹介している方法もあわせて試してみてください。 Windows10って結構動作が重いですよね。「Windows7からアップグレードしたけど、前のほうがサクサク動いてよかった!」という人は多いと思います。私はそう思ってます。と、そんなWindows10の重さに苦しむ方に1つの解決法をおくります。根本的な解決にはなっていないのですけどね。 特に Windows 10 に最初からインストールされている『Windows Defender』は、様々なウィルス対策ソフトの中で一番重い(システムのパフォーマンスに最も影響を与えている)という調査結果が AV-Comparatives より報告されています。 詳細なデータはこちら 重い原因はwindows defenderのせい。スキャン除外設定を行い解消しました fpsが急激に低下する現象 55fps前後で安定してプレイできていたゲームが、周期的に10fps前後まで極端に落ちる現象が出るようになりました。 PCの不調(ウイルス感染、CPU